| 

現代社会において、人々が生活していく上には、数多くのリスクがあります

現代社会において、人々が生活していく上には、数多くのリスクがあります。そのリスクに備える機能の一つとして保険制度があります。保険制度には国などの実施する社会保険と民間の保険会社の実施する民間保険とがあり、民間保険は社会保険でカバーしきれないリスクを補うものとして位置付けられています。医療保険は病気やケガといったリスクに備えるものです。以下においては、民間の医療保険とはどういったものなのか(独立タイプの医療保険と主契約の他の保険に付加する形の医療特約とがあります)見ていきたいと思います。

 医療保険は入院や所定の手術を受けた場合などに給付金が支払われます。以前は、病気は継続して8日以上、ケガは通算して5日以上入院した場合に1日目から支払われる「8日型」などが多くありましたが、最近は1泊2日あるいは日帰り入院から保障するタイプが主流になっています。保険期間には定期タイプと終身タイプとがありますが、いずれも入院給付金の1入院あたりの支払限度日数や通算支払限度日数があります。主な医療特約としては、災害入院特約、疾病入院特約、短期入院特約などがあり、また成人病や女性特有の病気に特化したものもあります。

 特定の病気を対象とした医療保険として、特定疾病保障保険やがん保険などがあります。特定疾病保障保険は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病により所定の状態と診断された場合、生前に死亡保険金と同額の保険金が支払われるというものです。がん保険は、その名の通り、がんによる入院や手術などを保障対象にした保険です。保障内容として、診断給付金・入院給付金・手術給付金・通院給付金・死亡給付金などが支払われます。入院給付金は初日から支払われ、一般的には支払日数に限度が無く、通常、契約から3カ月又は90日の免責期間があるというのが大きな特徴となっています。

生命保険も工夫しましょう。生命保険に入ることを深く考え過ぎてもいけません。生命保険と医療保険に入ることをを比べて考えましょう。保険に入ることは簡単な問題ではありません。生命保険や医療保険はよく考えることで納得できるものになります。

link/ 00/ 01/ 02/